第2回テーマ別講習会 車椅子の選定とメンテナンス・安全な移動・介護の実現

生活に欠かせない車いす、どんな基準で選んでいますか?

たくさんの車いすの中で間違った車いすを選ぶと症状の悪化や体力の低下を招きます。「良かれと思った車いすが…」 とならないために身体にあったサイズ・機能等、車いすを選ぶにあたり、ご参考にしていただけるように、ティルト・リクライニング車いすやモジュールタイプ等、姿勢を維持することができない方にご使用いただく車いすを中心に、各種揃えて体感していただきます。

今年の介護のテーマは、「抱え上げない介護」と「介護事故の予防」この両面で車椅子を考えていきたいのです。

介護事故や苦情の発生は、よりよい介護事業の運営や介護サービス提供に反するもので、多くの介護事業者が強く認識し、軽減のために日夜取り組みをしています。

「車椅子関連の介護事故」は、ベッドから車いすへの移乗時に多く発生しています。

その原因に、介護の技術的な事と選定ミス・整備不良による事が挙げられます。

 

今回は、体験型講習会を企画いたしました。  ベッドから車いすへの移乗方法と車椅子の関係と事故防止のための定期的なメンテナンスの必要性。車椅子の安全な使用方法や安全性に関する規格・品質管理、並びに修理の知識と技術の研修会を実施いたします。

愛媛県下の介護事業所等における介護事故の現状を把握し、発生予防策と再発防止策(施設の介護環境改善)が積極的・継続的に行われ、常に見直されていく「仕組み」が動き定着することを最終目的とし、介護事故や苦情・腰痛予防の取り組みの参考となる考え方や方法をお伝えする為に、本講習会を開催します。

期    日     平成31年 8月 9日(金)

会    場     愛媛県総合社会福祉会館 3階「研修室」

開催要項

申込書

カテゴリー: お知らせ, 案内, 講習会 パーマリンク

コメントを残す